海星学園グラウンド工事

海星竣工.jpg

学校法人海星学園創立100周年記念事業「野球場、サッカー・ラグビー場建設工事」を西彼杵郡 三和町 宮崎地内 に新設。マリア会三和町修道院(1976年) ・ 修練院(1987年)の跡地内で、その後サンヨー食品(株)が、ゴルフ場の計画用地として取得部分と国有地払い下げ購入用地を開発したもの。川原大池から750m、標高60mの果樹園、森林の現況をできるだけ残しました。

スクリーンショット 2021-04-28 22.52.26.png
海星グランド石炭灰使用_edited.jpg

(この事業の時は、(株)小笠原の前身の個人経営での小笠原商店としての事業参画でした。) この事業の全てを行ったオールマイティーなベテラン技術者が弊社に在職中です。その技術者が 長崎大学大学院博士課程に在籍して「松島火力発電所石炭灰有効利用研究会」で学校グランド等 への路盤材として、研究開発し「電源開発松島火力発電所のJパワークリンカアッシュ」をこの 事業の野球場、サッカー・ラグビー場で採用し、その納入業務に従事いたしました。
1996年:長崎大学 大学院 博士課程(社会人選抜推薦試験、合格入学)
海洋生産科学研究科 海洋生産開発専攻 修了